日本のスモークサーモンの
パイオニアとして、

積み重ねた研究と努力の日々が、

まさに王子サーモンの歴史です。

王子サーモンの歴史

1967年の創業以来、王子サーモンは”鮭”を通じて皆様に美味しさを広げていくため、挑戦し続けてまいりました。
ここまでの王子サーモンが歩んだ歴史をご覧ください。

「感動的な味との出会い」

当時の王子製紙副社長がイギリスへ出張したときのこと、
ロンドンにあるレストランで、おいしいスモークサーモンを味わったのです。
そのスモークサーモンの原材料を尋ねると、北海道・日高沖産のサケだったとの事。
この「感動的な味との出会い」が、王子サーモンのルーツなのです。
それから北海道・苫小牧にてスモークサーモンの試作に取り掛かります。
試行錯誤を繰り返しながらも、王子ならではのスモークサーモンが完成しました。

昭和36年、ロンドンで出会ったスモークサーモン、それが王子サーモンの原点。

まだデビュー前のビートルズがライブハウスで歌っていた1961年(昭和36年)のロンドンで、王子製紙の2人の要人が、ヨーロッパ視察旅行の途中で立ち寄ったレストラン「スコッツ」。そこで当時の王子製紙副社長(後の社長)、熊澤貞夫はまれにみる旨さの鮭料理に出会います。なめらかな舌触り、ほんのり広がる潮の香りのような塩味、刺身ではないのに柔らかい食感。それがスモークサーモンと王子との初めての出会い。帰国後に、その時のスモークサーモンの原料が、一般的なアトランティックサーモンではなく、北海道苫小牧沖で獲れるオースケ(時知らずの苫小牧の地方名)であることが判明します。それを知った熊澤貞夫は、早速、同行した市村修平(苫小牧工場代理、後の王子製紙社長)に、あの時と同じスモークサーモンを作るように厳命します。その頃の日本で「鮭の燻製」といえば、硬く乾燥した「鮭トバ」のような珍味でした。しかし、本場のスモークサーモンは柔らかくしっとりしていました。熊澤が命じたおいしいスモークサーモンのポイントは2つ、「鮮やかなオレンジ色であること」「刺身のように柔らかく、噛むと鮭の味とともに燻製の香りが漂うこと」。それから、王子のスモークサーモン作りの苦闘が始まります。

ニッカ竹鶴会長のご指導で、最後の難関をクリア

スモークサーモン作りで大切なのは原料魚の品質と燻製に使うチップの材料です。当時の北海道ではオースケがまだ豊富に取れていました。「時知らず」と言われて珍重され、おいしい鮭として有名でした。さらに王子製紙は木材の見極めには自信を持っています。そこで北海道のあらゆる鮭と、あらゆる木材チップで試行錯誤を繰り返しましたが、なかなか熊澤貞夫のOKがでません。ときに1965年(昭和40年)、担当者はニッカの竹鶴会長を訪ねます。竹鶴政孝はウイスキーの研究のために長くスコットランドに滞在していましたが、その時にスモークサーモンも研究していたことを聞き及んだからです。 面談の結果、竹鶴会長から、ウイスキーの原酒を貯蔵する樽の材料が燻製チップに最適との教えを受け、当時のニッカの貯蔵樽の廃材を譲り受けます。そのおがくずで燻したサーモンは、見事、熊澤らがロンドンで食べたスモークサーモンの味を再現していました。

ついに創業。本格的な生産を開始。

こうして日本最初のソフトスモークサーモンが誕生します。そして1966年(昭和41年)、天皇陛下ご一家のご会食に献納させていただき、素晴らしい評価をいただきます。満を持して1967年(昭和42年)、王子製紙はスモークサーモンの製造会社として、北海道サーモン株式会社(後に王子サーモンと改称)を創立。生産体制を整備するとともに、原料魚の確保が大切な課題となります。次第に天然物のオースケの漁獲が減ってきた時代です。そこで王子製紙の海外ネットワークを通じて、カナダ、アメリカ、(アラスカ州、ワシントン州)での調査を開始。品質の良い鮭の量的確保に奔走します。

これからも、「日本のスモークサーモンの代名詞」と呼ばれるように。

その後は順調に発展を続け、50年間にわたり、原料の吟味と徹底した衛生管理を貫くことで、日本を代表するスモークサーモンの企業として、美味しさにこだわったスモークサーモンをお届けしています。

1967年王子製紙グループとして「北海道サーモン株式会社」設立(苫小牧市浜町)。
1969年社名を現在の「王子サーモン株式会社」に改称。
1972年社屋移転新築(苫小牧市有明町)。
1975年イギリス・エリザベス女王歓迎晩餐会で、弊社製品が採用される。
1976年カナダ産ベニ鮭の使用を開始。
1979年「さけ茶漬」発売開始。
1981年「いくら醤油漬」発売開始。
1983年ノルウェー産アトランティックサーモンの使用を開始。
1986年瓶製品生産工場増築。
1987年スライス製品生産工場増築。
1988年ニュージーランド産キングサーモンと、北欧産サーモントラウトの使用を開始。
1991年チリ産サーモントラウトの使用を開始。
「パーティスライス」発売開始。
1992年製品保管用の自動立体冷凍倉庫が完成。
1993年「サーモンチップ」の発売を開始。
1997年「西京味噌漬」「越後酒粕漬」等の漬魚シリーズ発売開始。
2000年ミネラルウォーター事業を継承。ペットボトル工場増設。
2002年チリにある協力企業の新工場竣工により「パーティスライス」など一部製品の委託生産開始。
2005年「ザ・フレッシュサーモン」発売開始。
北海道HACCP取得。
2006年インターネットショップ「北海道グルメマーケット」出店。
(現在の王子サーモンオンラインショップ)
2007年「オスランドサーモン」ブランド上市。
2008年北海道洞爺湖サミット首脳会議晩餐会で弊社製品が採用。
(カナダ産ベニ鮭スモークサーモン)
2009年最新スモークハウス導入。
「パーティスライス」リニューアル。
「オスランドサーモン」がモンドセレクション金賞受賞。
2010年「アトランティックサーモン」モンドセレクション金賞受賞。
2011年「アトランティックサーモン」モンドセレクション最高金賞受賞。
「オスランドサーモン」モンドセレクション金賞受賞。
翌2012年も連続受賞達成。
2013年サーモン事業とミネラルウォーター事業を分社化。
ロシア産「沖獲り紅鮭」使用開始。
「沖獲り紅鮭スモークスライス」や「沖獲り紅鮭姿切り身」などが発売開始。
2014年ロシア産「沖獲り時鮭」使用開始。
「沖獲り時鮭スモークスライス」「沖獲り時鮭」の漬魚シリーズが発売開始。
「ザ・フレッシュサーモン」リニューアル。
2015年王子サーモン銀座直売店をリニューアルし、「王子サーモン銀座店」としてオープン。
王子サーモン札幌直営店が閉店となり、大丸札幌店に「王子サーモン札幌大丸直営店」をオープン。

「世界を唸らせた味」

王子サーモンは様々な舞台でも高い評価を受けています。
創業間もない頃、昭和天皇御一家の会食で賞賛を頂いたことに始まり、
1975年に来日されたイギリス・エリザベス女王の歓迎晩餐会や、
2008年に行われた北海道洞爺湖サミット・首脳会議晩餐会においても採用。
東京や大阪などにある、超一流ホテルでも採用されており、「素材と技術のこだわり」が世界を唸らせました。