良いスモークサーモンの見分け方

こんにちは、王子サーモン銀座店 店長の間世田です。

 

●ソフトスモークとハードスモーク

スモークサーモンといえば、その名のとおり、燻煙の香りが特徴ですね。

燻煙方法は、大きくソフトスモークとハードスモークに分けることができます。

最近は、身のみずみずしさを保ちつつ、燻煙の香りが立つ“ソフトスモーク”が主流です。

よく一般的に食べられているスモークサーモンが該当します。

ソフトスモークは身色が鮮やかで、生の状態よりもプリっとした食感が特徴です。

また、そのまま食べても美味しく、様々な料理にも利用できることから人気です。

ハードスモークは日本であまり流通していませんが、ほぼ水分が無くなるまで乾燥させ、燻煙も強くかける製法です。

イメージとしては、燻煙のかかった“鮭とば”です。

王子サーモンでは「ドライチップ」や「ドライスモークサーモン」という名称で売られている商品が該当します。

人気のドライスモークサーモンはこちら↓

https://shop.oji-salmon.co.jp/shopdetail/000000000571/ct44/page1/order/

2019年2月は合計税込5,400 円以上で送料無料‼️

 

●良いスモークサーモンの見分け方

ちゃんと長時間の燻煙をかけているスモークサーモンは、“スモークスキン”で見分けることができます。

スモークスキンとは、燻煙されたサーモンに出来上がる乾燥して硬くなった身の表面部分を指します。

 

乾燥→燻煙をしっかりと長時間行なっているスモークサーモンは、ちゃんとスモークスキンがあります。

余分な水分が抜けて、程よい食感と、染み込んだ香りが鼻を抜ける高品質のスモークサーモンです。

スモークサーモンは半月の形をしていますが、そのカーブの部分の数ミリをかじって、ちょっと食感が違っていれば、それがスモークスキンです。

 

もちろん、部位によってスモークスキンが強く出るところと、そうでないところがあるので、いきなり判定するのは難しいかもしれません。

今度スモークサーモンに出会った時に試してみてください!

 

今月お買い得のスモークサーモンはこちら↓

https://shop.oji-salmon.co.jp/shopdetail/000000000724/002/O/page1/recommend/

2019年2月は合計税込5,400 円以上で送料無料‼️

 

間世田でした!

間世田 真衣 (ませだ まい)( 王子サーモン銀座店 店長 )

鹿児島県出身
2018年 王子サーモン銀座店 店長に着任

王子サーモン銀座店 店長の間世田と申します。私は、王子サーモンで“本当に美味しい鮭”に出会い、それ以来、鮭を食べない日はないくらい鮭を愛してます。鮭にはたくさんの種類があり、産地があり、それぞれの味わいがあり、旬の時期があります。このブログを通して、多くの方にそんな鮭の魅力を伝えられたら、と思っています。また、銀座店にお越しの際は、是非お声がけいただけると幸いです。